未分類

5分でわかる「ツイキャス」とは?知らないなら今から始めよう!

ツイキャスってなに?どんなもの?知らない!なんて人のために誰でもわかりやすく理解できるために「ツイキャスとは」をまとめてみました!

ツイキャスとは?

ツイキャスとは、株式会社モイ社の提供している「TwitCasting(ツイットキャスティング)」とのことで通称が「ツイキャス」と言われるものになります。

どんなものか簡単に言うと、LIVEでつながるコミュニケーションサービスとなっています。

動画やライブ配信なんて言うと最近では「YouTube」や元祖ライブ配信で言うと「ニコ生」なんかが思い出しますがそれとは少し違ったライブ配信サイトとなっています。

ツイキャスにかかる費用や必要なものとは?

視聴や配信は完全無料でできるサービスでSNSのアカウント(Twitter、Facebook、Instagram)を使ってログインすることも可能となっています。Twitterのアカウントを利用すれば自分のタイムラインに配信動画に関する投稿を行うこともできるようになっていて、ライブ配信にはPC、タブレット、スマホなどがあればいつでもどこでも手軽にライブ配信ができるというのも「ツイキャス」の魅力の一つともいえます。

ツイキャスにはレベルがある⁉︎

ツイキャスの配信は原則30分となっています。

最大4時間まで延長することができるようになっていますが、そのためには「リスナー」と言われる視聴者さんから「コンティニーコイン」というものを5枚送ってもらうことができないと配信は一旦終了となってしまいます。

配信をした動画などの長さやそれを見てくれていたリスナーの人数によってレベルが上がっていきます。そのレベルが上がると利用できる配信モードが増えるという特典があります。

ツイキャスの注意点とは?

「歌ってみた!」などというアーティストの楽曲をカラオケなんかで歌った動画をアップしているのをたまに見かけますが、これは「ツイキャス」でも「YouTube」でも「ニコ生」でも基本的にはNGとなってしまいます。

なぜならカラオケで流れている楽曲には著作権などがありそれを動画に流してしまうと権利を侵害する恐れがあるためです。

そのため「歌ってみた!」系の動画を配信するのであれば、

  • 歌う曲の著作権を持つ企業へ自分で許可をとる
  • 自分で楽曲の演奏をする
  • アカペラで歌う

こちらのどれかでやると著作権を侵害しているとは言えないためにOKとなります。知らなかったからといって配信してすぐに何かあるわけではないと思いますが、著作権を持っている人から訴えられたりすると100%負けてしまいます。

多額の損害賠償金を払うなんてことがおこるかもしれないので注意してください!

ツイキャス・キートスとは?

ツイキャスに「キートス」と言われる投げ銭できる機能がついています。ライブ配信者が企画を考えて応援したいリスナーの人たちがスポンサーとして参加して支援を行うことができるという機能になります。

リスナーは動画配信後から72時間後まで支援を送ることができるようになっていて集まった支援金から一部ツイキャス側に手数料として引かれた金額をリスナーに送られるというものになります。

ツイキャスのまとめ

ツイキャスは誰でも配信することができるサービスですが配信するにはアカウントの開設が必要となります。

ですが、視聴するだけならアカウントの開設どころかログインする必要もありません。そのまま視聴することができるようになっているのでまずは視聴してみてください!

「ツイキャス・キートス」なんて投げ銭機能はついてはいますが、ツイキャスはYouTubeのように収益化のための配信や企業コラボなどをする人ばかりではありません。

本当にゆるーく配信している人たちなんかもたくさんいます。それによって収益を得ようとしているのかわかりませんが、楽しいことを配信していたり誰かと繋がりたくて配信している人も多くいます。そのために配信者とリスナーの距離もとても近いものとなっています。