未分類

フリーランスとは?個人事業主との違いは?フリーランスの魅力

政府が働き方改革と言われるものを打ち出してから、働き方というものが見直されています。それによって自分の働き方が改善されるのか?ということを考えたことある人もいるのでは無いでしょうか?そんな時に「フリーランス」と言われる言葉がここ最近になってよく聞くようになったと思います。そこで今回は「個人事業主とフリーランスの違い」についてまとめてみたいと思います。

フリーランスとは?個人事業主との違いとは?

個人事業主というものは、企業や会社などに勤めること無く「事業を個人でおこなうもの」のことを指しています。そのため組織や団体などとも専従関係にはならず、法人化などの会社設立をせずあくまで「個人」でおこなっている人になります。
それに対して「フリーランス」というものは働き方のことを指します。大まかくくりとしては同じになりますが、会社設立をして法人として仕事をしていても企業や組織などに専従せずに仕事を請け負うような形を「フリーランス」といったりもします。
中小企業庁の「2019年版小規模企業白書」にもフリーランスには「明確な定義が無く事業者本人が技能や技術を提供することで成り立つ事業」というような書かれ方をしてます。

フリーランスになるメリットとは?

ではフリーランスとして働くメリットとはどんなところにあるのでしょうか?

自分のスキル次第で今まで以上の年収が稼げる!

よく聞く話として、会社に勤めていた「プログラマー」がフリーランスとして会社にいる時と同じくらいの仕事をすると今までの倍以上を稼ぐことに成功したというようなケースがよくあります。
今まで会社勤めだったことにおこなったプロジェクトが成功して利益が出たとしても、基本会社の利益となっていました。それが自分でおこなうことでそのプロジェクトの報酬をそのまま受け取ることが出来るので今まで以上の報酬が期待出来るということになります。

他にもフリーランスとなれば自分で仕事をとってくる必要がありますが、自由な働き方ということになりますので、今まで会社勤めの時は決まったクライアントからの仕事を待つというようなことがあったという人もいるかもしれません。ですが、フリーランスとなれば今までライバルとしていた会社や企業からも仕事を請け負うことも可能ということになります。自分のスキル次第では自ら営業をかけなくて仕事の依頼も入ってくるようなこともあるでしょう!

自由な時間ができ通勤する必要もない!

基本的な会社は出社時間と定時時間というものが決まっており、定められた時間までに出社しないと遅刻扱いとなってしまいます。最近では「フレックスタイム制度」を導入しているような会社もありますが、それでは「コアタイム」と言われる必ず働かなくてはいけないという時間帯というものが定められています。
それに対してフリーランスでは自由に時間を使うことが可能となっています。請け負った仕事の多くは時間制では無く「成果報酬型」というものになりますので、納期までにクライアントが納得するものを制作できればそれで良いということになります。

それが通常1時間かかるようなものを3時間かけて作っても10分で作ったとしてもクオリティーが同じであればもらえる報酬というものが変わらない。そのためゆっくりじっくり作るも良いですし、ササっと終わらせてしまい次の仕事をするということでも自分のスタイルに合わせて仕事をすることが可能となっています。他にも急なお誘いがあったときも自由に参加することができ、その分の仕事を夜に回してしまったり次の日に回すことも可能となっています。

場所を選ばない仕事の仕方も可能

フリーランスとなって企業や組織などへ赴き作業をするような場合もありますが、自由なスタイルで仕事だけを請け負うということが主流となっています。そのため自宅で作業をする人もいますが友人の家やカフェなどでも仕事をするということも可能となっています。最近では「コワーキングスペース」というものを利用する人や「海外へ移住して」仕事を請け負うというような人もたくさんいます。
他にも例えば「世界一周クルーズツアー」というものを見たことあると思います。数週間〜数ヶ月をかけて船で世界一周をするというものになりますが、その船に乗りながら仕事をするといったことも可能となっています。

嫌いな人と仕事をしなくてもよくなる

会社に勤めているとどうしても人間関係というものに悩まされてしまうものです。好きな上司、苦手な同僚、手間がかかる部下など人がいればそれだけ多くの人間関係というものが浮上します。それに嫌いはクライアントであっても会社として付き合っているので自分の感情を出すことは出来ないと思います。でもフリーランスとなれば嫌いなクライアントからの仕事は断ることも出来てしまいます。
その代わりに他のクライアントを探してしまえば良いだけです。嫌な人に必要以上にペコペコする必要もありません。そのためにはちゃんとしたスキルとコミュニケーション能力は必要にはなりますが、スキルさえあれば自分にとって関わりたく無いのであれば次のクライアントを見つけた方が作業効率をあげることも出来るようになります。

フリーランスとはのまとめ

フリーランスになると良いこともたくさんあります。企業勤めの方が社会的な信用があることは間違いありませんが、何より今まで以上を稼ぐことが出来るようになるだけでは無く自由に生きることが出来るという最大のメリットがあります。
そのためにはスキルが必要となりますので誰でも簡単に稼げるというわけではありませんが、自由な生き方をしたいのであればフリーランスになるためにどんなスキルを見つければ良いかを考えて行動することで人生が変わるでしょう!