富裕層の業界

シビアな世界

投資の世界というのはどういった世界なのでしょうか?あまり普通に働いているだけではまずお目にかかることはないでしょうし、学校などでは教えてくれていない業界ですよね。

誰もが知っていますし、稼げる業界というイメージを持っているかもしれませんが、その方法を誰も教えてくれないというのはどう言ったことなのかと言うとそれはお金を持っている富豪層だけしから知られていないお金を稼ぐ方法であり業界だからだと言えます。

学校で教えてくれないのはお金が減るというリスクがあるからではありません。先生が教えられるほどの知識がないからなんです。というのも情報を得ることが出来ないからと言っていいでしょう。

投資の世界で最も重要なのは情報です。情報をいち早くキャッチできることができればそれだけで業界がどのような動きを見せるのかというのはある程度把握できてしまうものです。

そして情報と言うのは富豪層から順に回ってくるものです。極端な話ですが、ホームレスにお金を借りるということはありませんよね。どちらかと言えばお金を持っている人にお金を借りるという考えに行くと思います。企業もそうです。会社が今後どう言ったことをしていきますから株を買っておいた方がお得ですよ!というのをアピールするのは富豪層にしておいた方が大量に購入してもらえるのですからどちらもウィンウィンですし、富豪層が買えば一般の人も株を買ってくれるというわけです。

ですから一般の人が投資をしようというのは一歩出遅れた状態から始めなければいけないということを分かった上で利用することが大切なのです。

そして一歩遅れると言うことは情報戦においてはよりシビアに株の値動きだったり色々な情報の中からどれが正しいかを見極める能力が求められます。

投資は簡単かと思うかもしれませんが、決してそういうわけではありません。