Twitterのビジネス有効活用方法

今や情報収集・拡散・共有をするのは当たり前の世の中となっているこのご時世で、SNSを駆使してビジネスチャンスを広げようと考えるのは至極真っ当な考え方だと思います。

でもそんなSNSの利用をまだ始めていない人や、登録だけはしたけど何していいかわからないなんて人のために、今回は「Twitter(ツイッター)」を使ってのビジネス活用方法についてご紹介していきます。

Twitter(ツイッター)とは?

SNS(ソーシャルネットワークサービス)の一つで、ツイッターはその代表格とも言えるサービスです。

特徴としては、一投稿140文字以内になることと、匿名性が高いというところが挙げられます。「〇〇なう」という、今現在おこなわれていることを投稿することが流行り、リアルタイムでの情報収集が容易にできるようになりました。

当初は匿名性でおこなわれていた投稿が現在では、自分の名前でやっていたり仕事用のアカウントまであり、企業や芸能人の宣伝や告知がおこなわれることもよく見かけるようになりました!

アメリカ大統領のドナルド・トランプ氏がツイッターを使って自分の気持ちを発言してニュースに取り上げられるようになったのも、この時代特有のものではないでしょうか?

どんなことをするのか?

まずは、匿名性があるアカウントでやっていてもあまり意味がないので、出来れば本名がいいのですが、それをネット上で晒したくないという人は、ビジネス用のアカウントを作成しましょう。

そのアカウントで、自分がやっている仕事、これからやりたい仕事なんかの人をまず探して投稿を見てみましょう!

その投稿に積極的にコメントなどを残すことでその人とも知り合うこともできますし、その投稿しているの周辺の人も自分のことをみてくれる可能性が出てきます。

もちろんコメントなんてしなくても投稿しているだけで、仕事関連の人と出会えたりもしますが、人によっては時間がかかってしまう場合などもあるので、積極的に行く方がチャンスは増えるでしょう。

オススメとしては、リアルに知っている人がいないアカウントなどだったら積極的になりやすいと思いますので、コメントができないという人はそうゆうところから始めるのがいいでしょう。

Twitter(ツイッター)で仕事が取れる?

まずは自分の知っている情報、仕入れた情報を惜しみもなく発信していきましょう!それによってそのことに興味がある人が寄ってきて仕事がもらえたり、新たな出会いとなるでしょう!
どんな仕事のことで利用したいか考えて、あまりマイナスなことを発信するより知らない人に向けた情報などを発信している人の方がビジネスチャンスを掴みやすいと言えます。

ハッシュタグを利用しよう!

「#(ハッシュタグ)」とは、友達や知り合いでもない全くの他人でも共通の話題を探しやすくするためのものです。

例えば「#副業」などと入れると、副業に関連する投稿がたくさん探すことができます。副業を探している人、紹介している人、公開している人など、副業関連の人が探しやすくなっています。

これを利用して自分の仕事関連の「ハッシュタグ」調べる。投稿するときは見つけてもらいやすいように「ハッシュタグ」をつけるということも重要になります。

自己アピールをしよう

ツイッターは匿名性が特徴と言いましたが、ビジネスに繋げたいならばなるべく自分のことをアピールしなくてはいけません。

反対で考えてみてください。お金を出して何かをやってもらおうとしているのに、どこの誰かもわからないような人にお願いするでしょうか?

本名でなくても、なるべく自分という人間を知ってもらうためにどんな仕事をしていて、実績や経歴などをアピールするのはとても重要なことです。

そこで仕事がもらえなくても、出会いになり、仕事に繋がるなんてことももちろんあります。

仕事ができるや完璧です。なんてアピールよりは匿名性のあるネットだからこそ誠実さが伝わるような自己アピールが一番いいでしょう!