ツイッターのアカウント開設をしてつぶやいてみよう!

ツイッターは現在多くの人が利用しています。そのためニュース番組でもアメリカ大統領のツイッターでの投稿が読み上げられたりして存在を知らないなんて人の方が少なくなってきています。

ですが、存在は知っていてもどんなことをするためのものか理解していない人にとっては何が楽しいのかわからないと思います。そこで今回はツイッターのアカウント開設や投稿方法だけではなく、魅力についても解析していきたいと思います。

Twitter(ツイッター)とは?

ツイッターはSNSと言われるソーシャルネットワークサービスの一つで、情報の発信や共有に優れているサービスとなっています。

ツイッターの魅力とは?

特にツイッターでの特徴としては
・匿名性が高い
・情報スピードがとても早い
・共感できる情報が集まりやすい
ということがあげられます。匿名性が高いのは、他のSNSでは出来ないような一つのアカウントを開設してしまえば「裏アカ」と言われるもう一つのアカウントを持つこともできるようになっています。

そのため使い分けしている人も多く、現実に知っている人に見せているアカウントと自分の本音をぶち撒けたり、あまり知られたくない趣味の情報共有のために持っているなんて人もいます。
他にも他人の投稿を「シェア」という共有することができるので、情報スピードがとても早く一件の投稿で爆発的に多くの人へ広がり、多くの人から注目を集めることだってあります。
また、マニアックなことを投稿しているために専門用語でその業界の人しかわからない内容だったとしても分かり合える人が多くいるために話しが合う人を見つけやすいというところもあります。

ツイッターアカウント開設

ツイッターのトップページを開きます。

「Twitterに登録する」ボタンを押します。
・名前
・メールアドレス
・パスワード
・ユーザー名
を入力する画面になりますので、入力して「アカウントを作成する」ボタンを押します。

名前は本名でもいいですし、ニックネームや偽名などなんでも大丈夫です。
ユーザー名というのは登録者のアドレスになるものになります。例えばユーザー名が「japan1234」にしている場合は
「http://twitter.com/japan1234」
というようになります。半角英数字とアンダーバー( _ )の15文字以内で作るようにしてください。

これでアカウントの開設は終了になります。

ですが、そのまま「連絡先のアップロード」という画面になります。自分の登録してある連絡先の人と繋がることができるサービスなのですが、プライバシーの関係でオススメは出来ないので「今はしない」にした方がいいでしょう。

つぶやいてみる(投稿してみる)

ツイッターでは投稿することを「ツイートする」「つぶやく」と言われるので最初に覚えておくといいでしょう!その「ツイート」方法ですが、

右下に出てくる「羽マーク」ボタンを押します。すると投稿が画面になりますので、テキストの文字数を140文字以内に抑えて書き、写真や位置情報などをつけることも可能となっていますのでお好みでつけ投稿してみましょう!

ツイッターで使われる用語を覚えよう

ツイッターや他のSNSでは、たくさんの用語が使われています。それらを覚えておくとスムーズになるので覚えておくといいでしょう!

・ツイート
自分自身が投稿すること

・フォロー
自分が興味を持った相手にするもので、友人や知人であったり好きなタレントや面白そうなことや話しが合いそうな人などなんでも大丈夫です。一方的にその人のことを見ることができるようになるものです。

・ファロワー
「フォロー」の反対で自分のことに興味を持ってくれて見てくれている人になります。

・シェア
他人の投稿を自分の投稿のように発信することが出来るというもので、シェアすることで自分のフォロワーにその投稿を見せることが出来るようになります。

まずはこれだけでもしっかりと覚えておきましょう!