YouTubeで稼ぐ方法とは?どうすれば収益化できるのか?

YouTubeで稼ぐ人のことを「YouTuber(ユーチューバー)」といい、子供のなりたい職業ランキングに入ってくるほどの人気職業となりました。

なぜそんなに「YouTuber(ユーチューバー)」に憧れるのでしょうか?そこで今回は「YouTubeで稼ぐ方法について」をテーマにまとめてみました!

YouTuber(ユーチューバー)の平均年収とは?

Googleから表彰されたYouTuber(ユーチューバー)の平均収入は「800万円」前後と言われています。

月収として計算すると「約67万円」前後となります。サラリーマンの平均年収は「約430万円」ということになるので、単純に倍近く稼いでいるということになります。

YouTuberは、「好きなことをして生きていく」ということに視聴者は憧れを持っているため子供たちのなりたい職業ランキングに上位になったのではないかと思います。

なぜYouTubeで報酬がもらえるのか?

では、なぜ無料の「YouTube」で収益化ができるのでしょうか?それを探っていきます。

YouTubeの広告収入

YouTuberのメインとなる収入源は「広告収入」になります。

この広告収入は再生回数が多くなるほど単純に視聴者の数も多くなるということになるのでそれだけ多くの「収益」がもらえるということになります。

企業は自社製品などを宣伝・販売したい時にお金を「YouTube」に支払います。そのYouTubeがパートナー契約を結んでいる「動画投稿者」の動画に、企業のCMをいれるなどして多くの人に触れるようにします。

多く見る人がいればそれだけマーケティングとしては成功と言えるので、YouTubeから動画投稿者へ「お金が支払われる」ということになります。広告収入でも種類がありそれらを紹介します。

・サイドバー広告
画面外の右上に表示されるバナー広告となっています。パートナー契約を結んでいる「動画投稿者」の動画となると非表示にすることはできませんが、画面の外にあるために他の広告に比べてクリック率がとても低いという特徴があります。

・オーバーレイ広告
画面内の下に表示される横長の広告
動画再生後10秒ほどで画面の下にひょっこり出てくる横長の広告です。表示されると「×」ボタンがあるために邪魔ならば消すことで非表示にすることができるものとなっています。

・インストリーム広告
動画再生前にCMのように流れる映像広告のことです。ほとんどが5秒後にスキップボタンが表示されるのでスキップすれば動画の視聴に戻ることができ、CMがきになるならばスキップが押されるまでCMが流れ続けるというものになります。他の広告に比べて映像のためかクリック率は高くなります。

動画再生前にCMのように流れる映像広告でも5秒たってもスキップが出来ず、最後まで視聴しなければ動画視聴に戻ることが出来ないような広告もあります。

スーパーチャット

いわゆる「投げ銭」と呼ばれるものになります。YouTubeでも応援したYouTuberにお金を送ることができるようになっています。

主に使われるのはライブ配信などで広告収入とは別で、視聴者からお金を集めるものになるので例え視聴者数が少なかったとしても視聴者がたくさん投げ銭をしてくれれば数万円〜数十万円稼ぐこともできるようになっています。

YouTubeチャンネルメンバーシップ

好きなYouTuberを月額490円で応援・支援することができるという機能になります。視聴者は月額490円を支払うことで、絵文字やバッジなどの特典を得られることもあります。

これによって知名度がそこまで高くないYouTuberでも、支援してくれる人が多くいれば安定した収益をあげることができるようにもなりました。

YouTubeで稼ぐのまとめ

今からYouTuberを始めてチャンネル登録者数を増やしていくのはとても難しい道となります。ですがオススメしない訳ではありません!

なぜならテレビでもそうですが、一流の人たちが全てを独占している訳ではありません!素人がブームとなる場合があったり、再ブレイクしてくる人がいたり、様々な人たちが活躍しています。

YouTubeでも同じことが言えると思います。何年も収益が上がらず全然ダメかもしれません!でも何かの拍子に有名になることもあります。そのためには楽しんで投稿して続けることが重要となります。

やってみたい!という気持ちがあるのであれば是非やってみてください!